菜の花プロジェクト

『わのかおり』誕生まで

 

大木町菜種生産組合

組合長 今村利光さんに

お話を聞く。

みる、たべる、つかう。何役もこなす菜の花を育てています!

(大木町 特産品販売 「わのかおり」)

今村さんは、なぜ菜種油を作ろうと思ったんですか?

今村さん

昔の暮らしは、今みたいにコンビニもスーパーもなく、なかなか油が手に入らんやった。だから、それぞれの自家製の菜種油を作ってたんですよ。

日本人は、江戸時代より前から行灯の燃料として使っていたし、そのもっと昔も、菜の花を野菜として食べよった。

菜の花を楽しんだあとは、種を取って油にする、そんな昔の自然な生活を今も続けよる、ただそれだけやんね。

私が作った菜種油を「美味しかった」といってくれて、リピーターになる人が多いもんね。私は、「この油でないと」という人のために作り続けたいと思ってます。

いつ頃から菜の花を育てているんですか?

今村さん

滋賀県の菜の花プロジェクトが全国的に広がって、大木町でも有志で始めたのがきっかけやったね。そこに私もメンバーとして加わった。
農家の智恵と道具を提供できるということが私の強みやったかな。

kaori:開催するたびに多くの人で賑わっていますね。

今村:2009年から現在まで続きよるけど、地域の人の協力でここまで盛り上げることができたとやんね。
菜の花も、種の植え付けから子ども達が参加する時もあった。みんなが、「自分が育てた景色」という気持ちをもってもらえたから、今も続けていけよるとじゃないとかな。
毎年ね、田んぼ一面に花が咲くころになると、道を通りかかった人が足を止めて「わ~!きれいやね~」って言ってくれる。
遠くから足を運ぶ人も増えていったとよ。

嬉しいですね。

今村さん

悪か気はせんね〜。

​蜜蜂もたくさん集まってきますね。

今村さん

ふふふ。

家庭で油を使ったあとは、車の燃料などに使われていますよね?

今村さん

そうそう、食用油にして終わりじゃない。

大木町は循環のまち。

​この菜の花は、まさに資源循環サイクルにぴったりの植物でね。

廃油からバイオディーセルという液体燃料が作られているんですよね?

今村さん

そうそう、そうです。植物系油などを原料として製造されたディーゼルエンジン用の燃料ね。

ほかにも、生ごみなどをメタン発酵して作る「くるっ肥」というバイオガス肥料も大木町では作られています。

でも、それだけじゃなくてね、菜種油を作る過程で生まれる油かすも捨てません。

これは、私たち農家の大切な肥料になります。何一つ無駄にしない。

この肥料も、欲しいという人が増えよる。少しずつ、「わのかおり」から人の繋がりができてくる感じやね。

菜の花が「循環のまち」の取り組みにつながることに誇りをもつ今村さん。

町の人がたのしく菜の花プロジェクトに参加できるように大切に育ててきました。

今村さんにとって、菜の花畑を毎年楽しみにしてくれる人や、わのかおりを好きでいてくれる人の存在がとても大きいのだと伝わってきました。(WAKKAスタッフインタビュー)

わのかおり

大木町産100%

一番搾り菜種油180g

​《手土産におすすめ》

wanokaori.png

わのかおり

大木町産100%

一番搾り菜種油650g

​《家庭用におすすめ》

  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram

大木町地域創業・交流支援センター WAKKA (会社概要)

〒830-0405 福岡県三潴郡大木町横溝177(MAP) Open:9時〜18時/Close:月曜日(祝日の場合は火曜日)

Copyright WAKKA. All right reserved.